親が子供に言ってはいけない事。

はいどーも!達也です。

Tatsu_P

 

先日、こんなツイートをしました。

親が子に言ってはいけない事ですよ、これ。

少なくとも俺はめちゃくちゃ傷ついてますので・・・

このあたりを掘り下げて書いていきます。

 

 

子が言われて傷つく事その1

・あんたなんて産まなきゃ良かった

 

・・・すみません、ほんとにすみません、産んでって頼んでないんです・・・。

感謝はしてますよ。ここまで産んで育てくれて。

でも、それを言われると子供はどうしようもありません。

「やっぱり自分はいらない子なんだな」と刻み込まれます。

俺は何回か言われた事ありますね。

多分、一生消えないでしょうね、この傷は。

 

 

子が言われて傷つく事その2

・誰々と比べてあんたは・・・。

 

これはごく最近の話です。

俺は綾野剛さんと同じ誕生日で、年齢もほぼ同じなんです。

で。

 

「綾野剛くんとあんたは同じ誕生日なのに稼ぎが全然違うね?」

 

とか言われました。

はい、すみません、雲泥の差です。

彼に比べて、勝てる部分なんて一個もありませんよ。

そんな事わざわざ言われなくても知ってますよ。

失敗作ですみません。

あとは以前、おれ松潤に似てるーなんて言われた時期が一瞬あったんですが、その時もいってましたね。

 

松潤に似てるのにお金は無いね、と。

 

そうですね、すみません・・・。

俺的に頑張って仕事してたんですけどね・・・

給料上がらなくてですね・・・

すみません・・・

松潤や綾野剛さんが何千万とか稼いでる時にかたやおれは数十万ですもんね、雑魚ですみませんね。

ていうかうちの母はなにかと「お金」と結びつけてきます。

二言目にはお金です。

お金が大切なのはよく分かるんですが、こういう事されたから、俺は深層意識にお金に対するマインドブロックがかかっているのでは?と思い始めました。

お金は大事ですけど、それを個人への攻撃に使うのはどうなのかと・・・。

 

 

子が言われて傷つく事その3

・証拠を見せない

 

成績が悪くて怒られた事がありました。

テストが思ったより悪くてすみません。

 

・・・で、そこまで言うからにはあなた達、現役の時は俺より成績良かったんですよね?

 

・・・はぐらかされて終わりです。

一度も見たことありませんねー。

どうなんでしょうね、これ。

 

子が言われて傷つく事その4

病気になると怒られる。

 

僕は風邪とかひきやすくて、小学生の時は月に一回とか熱出すような子供でした。

あまりにも体が弱いので、そのたびに怒られてましたね。

「いいかげんにしろ!」とか。

ただですね・・・。

 

・・・あのですね、僕、好きで熱出してるんじゃないんです。体が勝手に出すんです。

 

確かに毎月のように具合悪くなってたら、むかつきもするかもしれません。

ですが・・・ですが・・・

 

そんなに僕が悪いんですか?

 

言い出したらきりがないけど、風邪ひかないように何かの対策を練ってくれたこと無いですよね?

 

怒られないように、無理していった事があります。

そしたら学校で軽く倒れちゃって。

迎えに来てもらったらそこでも怒られるんです。

子供ながらに気を使っても怒られ、使わなくても怒られ。

 

当時、悲しくて泣いてた記憶が今でも消えません。

 

ちなみに、目が悪くなって、学校から「メガネ作って下さい」っていう通知が来ますよね?

あれが初めて来たのが小6とかだったんですが、机の奥深くに隠しました。

 

何故なら、メガネ買って下さいなんて通知きたら怒られるからです。

 

でも、いずれ見つかりめちゃくちゃ怒られるんですけどね。

メガネ買って下さいって通知イコール怒られるという思考って、かなり珍しいんでは?と今になって思います。

 

 

まとめ

 

ということでスラーっと書いてみました。

誤解なきようにお願いしますが、別に恨んだりしてません。親には感謝しています。

ただ・・・

30年経っても全然消えないんですよ。

心の奥底に、怒られ、怒鳴られしてる達也少年が、ずーっといるんですよ。

彼が、今でも苦しんでて、今の俺に連動してるんです。

そういう人を、一人でも少なくしたいし助けてあげたいです。

ていうか、今も親子関係は良好ですが、これって俺が寛大だからなのでは・・・?とか思ってきました。

(うちの両親は、子供には謝らないのです。)

これからも、親とはうまくやっていきます。

ですが、負わされた心の傷は消えないだろうな・・・。

 

以上、「親が子供に言ってはいけない事。」という記事でした。

 

 

友だち追加